資産運用・副業の3年生が経済的自由を目指す

経済的自由を目指すアラフォーサラリーマンが、資産運用・副業に本気で取り組む中で日々考えたことを書いているブログです

株価急騰にどう対応するか

こんにちは。

11月に入って以降、米国大統領選が一応の決着(トランプさんはまだ粘るみたいですが)、コロナワクチンの開発進捗などの好材料があり株価が急騰しています。ドル/円も、1ドル/103円台をつけたかと思ったら本日は105円台に戻っていました。短期的にはジェットコースターの様な不安定な相場になっていると捉えています。この様な相場環境でどの様に振る舞うべきか、考えてみました。

買う

 

「最低でも月に1銘柄は買う」とのマイルールに従い、株高であっても何かしら買うつもりです。高値掴みをするリスクは当然ありますが、更に株価が上がって結局手が出せなくなる、機会損失のリスクも考慮してのことです。短期的な株価のup/downを読む能力は自分には無いと諦めていますので、あくまでファンダメンタル重視で長期で保有したいと思える銘柄に投資することになるでしょう。

売る

 

ある程度の資産額に達するまでは基本的に売らない方針でしたが、一部銘柄については今の株高を機に損切りを考えています。昭和電工三菱ケミカルHDですね。いずれも赤字予想、減配と悲惨な状況。特に昭和電工に関しては、40%以上あった自己資本比率が約20%まで低下と財務も急激に悪化しました。損切りが遅かったですね、反省。今の株高がラッキーだと思って損切りして次の投資先に資金を振り向けていこうかなと思っています。あと、持株会も一部売却をしてキャッシュを厚めに確保したいなと。

 

最後までご覧頂き有難うございました