資産運用・副業の3年生が経済的自由を目指す

経済的自由を目指すアラフォーサラリーマンが、資産運用・副業に本気で取り組む中で日々考えたことを書いているブログです

老後の不安3K(健康・金・孤独)について考える

こんにちは。

2020年もあと残り1か月半ですね。今年は、コロナ自粛で通常の年の50~75%ぐらいの活動量だった様に思います。一方で、始めたばかりの個別株投資、今後の人生・お金、生活の質(QOL)向上などなど、色々な本やブログを読んで、動画を見て、自分なりの考えを深めることができた(それだけの時間があった)1年でもありました。長い人生の中で1年ぐらい、こんなことはあるのかなと思いますが、自分にとってはインパクトの大きい1年だったと思います。

そろそろ「老後」を考え始める

 

 

さて、年が明けると40歳になります。そろそろ「老後」を考え始める頃かなとも考えています。「ちょっと早くない?」と思われる方もいらっしゃるかも知れません。大体の方は50歳ぐらいから考え始めるのでしょうか。僕の場合は10年早いですね。

でも、僕は定年が65歳に引き上げられたとしても、そこまでお金のために働き続けるつもりは今の所ありません。やったとしても60歳、可能であれば55歳までには、いつ会社員を辞めてもやっていけるだけの経済力を得ておきたいと考えています一度きりの人生、お金のために働き続けるのはもったいないですから。辞めるまではいかなくても、出勤日数を半分以下に減らすなど、人生を楽しむ時間を増やしたいなと思っています。今は好きな仕事(研究開発)ができているので辞めるつもりはありませんが、55歳になった時に自分が取れる選択肢を増やしておきたいな、と。そういう意味では、自分にとっては55歳から老後(第二の人生)と想定しています。

前置きが長くなりましたが、老後へ向かう現役世代の三大不安が健康・金・孤独(=3K)と言われています。今回は、老後の不安3Kについて、40歳を目前にした管理人なりの考えを書いてみたいと思います。

健康

 

中高年の方にとっては最も大きい不安かも知れません。老後、労働から解放されてようやく手に入れた時間ですが、その時に健康を害して自由に動けなくなっていたら残念過ぎます。もちろん、加齢とともに体のあちこちが不具合を起こしてくる訳ですが、きっちりと予防・治療したいですね。

時間もお金も、健康あってこそ価値あるもの。40歳を機に、健康・快適に対してよりお金を掛けていきたいなと思っています。快適とは、歩きやすい靴を履く、快眠を得られる寝具を選ぶ、姿勢が悪くならない様にデスク回り(デスク、椅子、PC関連機材など)を整えるなど、結局、健康に繋がってくるものです。

 

最も現実的な不安ではないでしょうか。麻生さんの老後2000万円発言からも分かるように、老後の生活資金は年金だけでは不足しています。ざっくり言って、月3~5万円程が年金で賄えず、築いた資産を取り崩しながら補填していくことになります。「ゆとりのある」老後となれば、もう少し多めに見積もっておいた方が良いですかね。そして、人に寿命がある様に、労働所得で築いた資産(お金)にも寿命があります。

60歳で定年退職したとして、その時点での金融資産が2000万円あったとします。月々15万円(生活費補填+ゆとり費)ずつ取り崩したとして、お金の寿命はどれぐらいでしょうか。

利回り0%:11年1か月(71歳の時に尽きる)

利回り3%:13年6か月(73歳の時に尽きる)

利回り5%:16年3か月(76歳の時に尽きる)

利回り7%:21年6か月(81歳の時に尽きる)

ちなみに、健康寿命は男性:72歳、女性:75歳、平均寿命は男性:81歳、女性:87歳です。利回り0%(≒銀行預金)では足りないですね。3~5%の利回りは欲しい所です。金融資産2000万円で老後を乗り切っていくためには、ある程度の資産運用スキルが求められそうです。運用利回りを上げるのは難しいです。即ち資産運用経験の無い人が60歳2000万円でよーいドン、した場合、足りない可能性が高いです。

解決策は、3000万円、5000万円と今から投資元本を積み上げておくことですね。利回りを上げるのは難しいですが、投資元本の積み上げは節約・副業など努力次第でできます。僕は既に資産運用を始めていますが、引き続き投資元本を増やすことを念頭に進めていきたいと思っています。運用スキルは、年を重ねるごとに付いてくると思っています。

孤独

 

最も大きな不安が健康、最も現実的な不安が金なら、最も怖い不安が孤独と思っています。

定年退職したとたんに人付き合いが激減、一緒に遊ぶ友人もおらず、家族ともこれと言った会話も無く・・・辛過ぎます。会社と言う枠組み(後ろ盾)を外した時に、自分の存在価値がどれだけあるか、探っていかないといけないですね。

今のうちから、趣味を通した仲間、地域のコミュニティーなど積極的に交流を深めたいなと思います。もちろん、家族との時間も大切にしたいです。数年前に転職しましたが、今の会社では有給休暇も取り易い雰囲気なので、遊びや家族との時間を過ごすためにきっちりと消化してますね。

おわりに

 

10年早いかも知れませんが、自分の「老後」について書いてみました。とにかく、来年から始まる40歳代を充実させたいなと思います。健康増進、資産形成、人脈形成。書くのは簡単ですが、長い期間を掛け取り組むべき課題ですね。すべてはQOL向上のために。

 

最後までご覧頂き有難うございました。