資産運用・副業の2年生が経済的自由を目指す

経済的自由を目指すアラフォーサラリーマンが、資産運用・副業に本気で取り組む中で日々考えたことを書いているブログです

ラストスパート!ふるさと納税おすすめ返礼品

こんにちは。

いよいよ年の瀬です。

大掃除や年賀状、新年の準備も良いですが、年内にやっておきたいのが、ふるさと納税控除枠は12月末でリセットされるので、まだやっていない人、枠が残っている人はラストスパートをかける時期です。12月31日までにネットで申し込みをすれば大丈夫なので、まだ間に合いますよ。

ふるさと納税について簡単に

自身が納めている税金(所得税、住民税)の一部を任意の地方自治体に寄付することができる制度で、寄付金額に応じた返戻品(寄付額の3割程度)を受け取ることができます。難しいこと抜きに、納税する自治体を別の所にする(±ゼロ)だけでお礼の品が貰える(プラス)、こんなイメージです。寄付金額の大小にかかわらず一律で2,000円を負担する必要がありますが、色々なふるさと納税サイトで行っているポイントバックのキャンペーンなど利用すれば負担はそこまで大きく無いと思います。我が家の場合は楽天ふるさと納税を利用しており、年に数回お買い物マラソンの時にまとめて寄付をするので、自己負担の2,000円はポイントで賄えています(余裕でプラスです)。返戻品は食品、日用品、旅行券、家具・家電、レジャー用品などなど選ぶことができます。ネットショッピング感覚ですね。

一点だけ、気を付けておきたいのが個々の納税額により一年間に寄付できる金額に上限がある(超えた分は自己負担での寄付として扱われる)と言うことです。同じ収入を得ているサラリーマンでも、家族構成や保険掛金、住宅ローン残債の額等により微妙に異なってきますので、限度額ギリギリまで寄付したい方は、事前にシュミレーションしておくことをお薦めします。各ふるさと納税サイトで限度額のシュミレーションが可能なので、ご利用して頂ければと思います。以下はふるさと納税サイト最大手の「ふるさとチョイス」のものです。源泉徴収票をご用意の上、ご利用頂ければシュミレーションが可能です。

控除上限額シミュレーション | ふるさと納税 [ふるさとチョイス]

 

1~12月上旬までは寄付額を控え目に抑えつつ、源泉徴収票が発行されたら寄付限度額を計算し、枠がまだ残っていれば年内にラストスパートをかけるのもありです。僕はその様にしています(僕の会社では12月給与が振込まれてすぐに源泉徴収票が発行されますが、年内にもらえない会社もある様ですので、その点はご了承下さい)。

ふるさと納税おすすめ返礼品

 

前置きが長くなりましたが、ふるさと納税のおすすめ返戻品を紹介していきたいと思います。 

第1位は、鹿児島県日置市の干物詰合せ(寄付額1万円)です。幾つかの自治体の干物を試しましたが、ここのは美味しくてボリュームもあり満足度高いです。朝食は断固和食派で、週に3~4日は焼き魚ですが、スーパーで買うと高いのでふるさと納税の返礼品で賄っています。その僕が3回リピートしたぐらいなので、コスパは申し分ありません(お味の方も高評価ですが、そこは人それぞれですので・・・)。人気があり過ぎて発送まで2~3か月掛かることが唯一の欠点でしょうか。

[rakuten:f462161-hioki:10000273:detail]

 

第2位は、 佐賀県伊万里市の伊万里牛(A-5)モモスライス(寄付額1万5千円)です。肉好きの嫁リクエストの返礼品です。すき焼きにして頂きましたが、普通に美味しかったです。ボリューム的にも満足でした。

[rakuten:f412058-imari:10000171:detail]

 

第3位は、岐阜県関市のステンレス包丁(寄付額5千円)です。安価(返戻率3割として1,500円)ですが、軽くて切れ味よく、継ぎ目がなく衛生的と機能性は高いです。少額で寄付できるため、年末のラストスパート時に数千円単位で寄付額を調整するのにも役立ちます。また、楽天ふるさと納税をご利用の方であれば、お買い物マラソンの時に(買い回り店舗数を増やすのに)おすすめです。

ラストスパートにおすすめの返礼品

 

以上、おすすめ返戻品でした。

ただし、年末は寄付が集中する時期でもあり、返戻品の発送が遅くなる(いつ来るか分からない)ことも多く、冷蔵・冷凍が必要だったり期限の早い食品は、一気に来られると消費しきれなかったりします。ですので、今回は年末のこんな時期に寄付したい、おすすめの返礼品も紹介しておきたいと思います。すべて僕も寄付した自治体です。

 

まずは岩手県一関市のティッシュ&トイレットペーパー(寄付額1万円)です。どちらも生活必需品ですので、ふるさと納税の返礼品で貰えると生活費を削減できます。期限も気にしなくて良いので、年末のラストスパートでとりあえず、と言う人にはおすすめです。

 

次に、大阪府貝塚市のバスタオル(寄付額1万円)です。今治タオルほど有名ではありませんが、泉州(大阪府南部の海側)タオルのバスタオルです。貝塚市を含む泉州は、日本のタオル産業発祥の地であり歴史と伝統がありますね。こちらも期限を気にする必要はありません。1年に1回ぐらいはバスタオルを買い替えたいものですが、うってつけの返礼品だと思います。

[rakuten:f272086-kaizuka:10000325:detail]

 

最後に、兵庫県南あわじ市の新たまねぎ(寄付額5千円)です。こちら、新たまねぎ収穫後の発送を予約する形です。発送時期が来年の3~4月と読めるので、使い易いですね。以下リンクは5㎏で5千円ですが、量が多くて消費仕切れないと言う方は3㎏で3千円のものも選べたと思います。

[rakuten:f282243-minamiawaji:10001459:detail]

 

以上、ふるさと納税おすすめ返礼品でした。

最後までご覧頂き有難うございました。

 

ノーガードで税金を取られるサラリーマンは、せめてふるさと納税をしましょう、と言うお話です。 

loveyuyu.hatenablog.com

 

ふるさと納税は、生活費の削減など節約との相性も良いと思います。

loveyuyu.hatenablog.com