資産運用・副業の3年生が経済的自由を目指す

経済的自由を目指すアラフォーサラリーマンが、資産運用・副業に本気で取り組む中で日々考えたことを書いているブログです

【銘柄分析】第1回 協和エクシオ(1951)

こんにちは。

2021年を迎えて10日目です。新年を機に、このブログでも何か新しいことを始めてみようかなと思い、色々考えた結果、銘柄分析をシリーズで書いてみることにしました。僕が投資している(または投資したい)と考えている銘柄が中心になりますが、銘柄スクリーニングのご参考にでもなれば幸いです。

第1回目の今回は、協和エクシオ(1951)を取り上げてみたいと思います。

銘柄概要

f:id:loveyuyu:20210109003821p:plain
協和エクシオは、通信インフラ事業を中心として、社会インフラやシステム構築を行っている会社です。時価総額3245億円となかなか大きな会社です。業種は建設業に属しており、電気通信工事の大手です。なお、同事業の1位はコムシスHD、3位はミライトHDです。3社とも天下のNTTグループはじめ、通信キャリア向け工事が主力で顧客基盤は盤石と言えます。

生活や企業活動に欠かせないインラフ事業なので景気に左右されにくいディフェンシブさがあります。加えて、5Gエリア拡大に向けた工事の本格化、ソフトバンクや楽天向け基地局が好調に推移、学校へのPC導入(児童生徒1人に対して1台のPC)、企業・行政機関のDXと事業環境は良好です。

業績

 

売上、営業利益、当期純利益の推移です。毎年ではありませんが、売上、営業利益、当期純利益いずれも長期的に増加トレンドにあります。当期純利益が2019年で異常に上昇して2020年で下落していますが、2019年は特別利益(経営統合による負ののれん183億円)を計上しているためです。そこを除けば、まさしく安定成長と言って良いと思います。

f:id:loveyuyu:20210108224656p:plainSBI証券より

 

営業利益率とROEの推移です。先述した通り特別利益を計上した2019年のROEを度外視すると、営業利益率は5%程度、ROEは5~8%程度で推移しています。長期的に見て改善傾向にある様にも見えますが、ROE10%ぐらい欲しい所です。ただ、後述する通り自己資本比率が高いためにROEが低目に出ている側面もあります。ディフェンス面(自己資本比率)とのバランスですが、その辺りをどう考えるかは投資家の判断によるのかなと思います。

f:id:loveyuyu:20210108230033p:plain

SBI証券より

 

財務

 

自己資本比率は50~60%台で推移しています。40%以上あれば優良と言われる所、なかなかの高水準です。利益剰余金は着実に積み上がっており、有利子負債の額を大きく上回っています(利益剰余金:1382億円、有利子負債:2億円)。実質無借金ですね。財務は鉄壁です。

キャッシュ・フローの推移です。ここ数年は投資CFが大きく、フリーCFがマイナスになっている年もありますが、現金・現金等価物は長期的に増加しています。

f:id:loveyuyu:20210108233214p:plain

SBI証券より

 

 

 

株主還元

 

「積極的かつ安定的な配当を継続していく」ことを基本方針としています。また、配当水準の指標には配当性向ではなくDOE(純資産配当率)を採用しており、DOE3%⇒3.5%と株主還元を強化することを公表しています。多くの銘柄が配当水準の指標に配当性向を用いていますが、単年の業績(EPS)に左右されます。故に外的要因と言えるコロナ禍の2020年に減配した銘柄が多かったですが、DOEであれば振れ幅は少ないですね。

配当実績は、会社方針の通り9期連続で増配中です。配当金は9年で4倍以上に増加しており素晴らしいですね。配当性向は2020年こそ57%と高いものの、概ね30%以下で推移していて、まだまだ増配余力はあると思います。

協和エクシオ(1951)、9期連続の「増配」を発表し、配当利回り3.24%に! 配当額は9年で4.1倍に増加、2021年3月期は前期比2円増の「1株あたり82円」に!|配当【増配・減配】最新ニュース!|ザイ・オンライン (diamond.jp)

 


加えて、過去13年間で10回、年間で数十億円年規模の自社株買いを実施しています。良いですね。以下は過去5年間の自社株買いの推移です。

f:id:loveyuyu:20210109001558p:plain

協和エクシオIR資料より

 

以上のことから、協和エクシオは株主還元に積極的な会社と言えます。


株価指標

 協和エクシオの10年チャートです。株価は2018年9月がピークで以降は少し伸び悩んでいますが、長期的には右肩上がりのチャートです。

f:id:loveyuyu:20210109225308p:plain

参考:株探より

 

株価:2,900円
PER:14.84倍
PBR:1.20倍
配当:82円(配当利回り:2.83%)

割安でも無く割高でも無く、高配当とは言えないまでも配当利回りもまずまずです。ウォッチリストに入れておいて、配当利回り3%ぐらいの水準で狙ってみたい銘柄です。

総評

じわじわですが安定した業績成長が良い所です。反面、指標的には営業利益率、ROEと言った「稼ぐ力」がやや弱いのが難点です(事業の特性にもよると思いますが)。ただし、顧客基盤が盤石で安定したビジネスを展開していることから、大崩れは無いと見ます。
財務面は盤石です。倒産リスクはかなり低いと言えます。潤沢なキャッシュは有事の際の命綱として、また次の成長投資に使うこともできますね。
株主還元についても、9期連続増配中で自社株買いも頻繁に行っており素晴らしいです。配当性向も高くないので、今後の増配にも期待が持てる銘柄だと思います。増配を考えると、今の水準であればいつ買っても良い様にも思いますが、個人的には配当利回り3%ぐらいで狙いたい銘柄です。

 

以上、ご参考になりましたら幸いです。

最後までご覧頂き有難うございました。

 

 協和エクシオをピックアップした時の記事です。ひふみプラス組入銘柄です。

www.loveyuyu-dividend.com