資産運用・副業の3年生が経済的自由を目指す

経済的自由を目指すアラフォーサラリーマンが、資産運用・副業に本気で取り組む中で日々考えたことを書いているブログです

会社四季報プロ2021年夏号 ピックアップ銘柄

こんにちは。

今回は、毎号買っている『会社四季報プロ』から、新規投資先の候補としてピックアップした銘柄について書いていきたいと思います。この本は会社四季報に掲載されている全銘柄から500銘柄をピックアップしたものです。故に見落としもある訳ですが、会社四季報をじっくり読む時間が取れない僕にとって、新規投資先をざっくりスクリーニングするには調度良い分量かなと思っています。

KDDIや三菱UFJ FGなど定番の高配当銘柄はありますが、この記事では新たに発掘した銘柄を中心に書いています。銘柄スクリーニングの基準ですが、長期投資したい高配当もしくは配当成長株であることを前提に、以下の点を重視しています。

・好財務(投資先の倒産は避けたい)

・業績が安定している(急激な伸びよりも、じわじわと伸びている方が好み)

・安定したビジネスモデルだと考えられる(直感)

・長期の株価チャートが右肩上がり

・株価が高すぎない(実際に投資を考えているため) 

今回のピックアップ銘柄は以下の3銘柄です。以前からチェックしている定番銘柄を除いたので、時価総額の小さい小型株が中心です。株価が好調なので、高配当銘柄が少なくなっていてピックアップに苦労しましたね。各社のビジネスモデルをもう少し深掘りして調査するとともに、ウォッチリストに登録して今後の推移を注視していきたいと思います。良さそうであれば、タイミングを見計らって保有を検討したいと思います。

エーアイティー(9381)

株価:1,149円(2021年7月13日終値)

配当(予想):40円(配当利回り:3.48%)

ROE:14.8%、ROA:8.0%

自己資本比率:55.6%

時価総額:237億円

配当方針:継続して配当性向60%を目指す

関西地盤の国際貨物運輸業で、主力は日中間の海上輸送。最近好調な海運業です。4期連続で増収増益、最高益更新、普通配当ベースでは10年以上減配しておらず、業績、配当ともに安定しています。ROE14.8%と高収益で自己資本比率55.6%、現金等>有利子負債、営業CF>投資CFと好財務です。業績好調ですが、株価はボックス圏で推移しています。直近高値は2017年末の1400円で、最高益を更新していることからその水準を突破しても良さそうですが、どうでしょうか。直近5年の利益成長率(平均)は11%、PER14倍です。配当利回り3%以上あるので打診買いはありかと。

PS:記事執筆にもたついている間に上方修正があったみたいで株価は好調です。

日本ケアサプライ(2393)

株価:1,684円(2021年7月13日終値)

配当(予想):50円(配当利回り:2.97%)

ROE:12.3%、ROA:8.6%

自己資本比率:72.2%(現金等>>有利子負債)

時価総額:277億円

配当方針:明記なし

三菱商事傘下の福祉用具レンタル卸の大手。介護支援も行っています。業績は安定して伸びていますし、今後ますます長寿社会になっていくことを考えると更なる成長も期待できそうです。ここ数年、配当は46円で据え置きでしたが、22.3期は4円増配の50円を予定しています。収益性、財務ともに優良で配当利回り3%ぐらいで狙ってみたい銘柄です。

GMO F HD(7177)

 

株価:845円(2021年7月13日終値)

配当(予想):58.2円(配当利回り:6.89%)

ROE:20.1%、ROA:1.0%

自己資本比率:4.7%

時価総額:972億円

配当方針:配当性向60%以上

傘下にGMOクリック証券、GMOコインなど持つ持株会社。GMOインターネット傘下。証券、FX、暗号資産と今後ますます成長が期待できるテーマを持っている銘柄です。配当利回りは驚異の6%超え。少額投資が可能ですし、とりあえず保有しておくのもありかと思います。国内では珍しい、四半期ごとに配当を出す銘柄です。

 

会社四季報プロ2021年夏号ピックアップ銘柄でした。

新旧ピックアップ銘柄で以下の通り入れ替えを行い、残った10銘柄を3か月後に検証したいと思います。今号からエーアイティー、日本ケアサプライをIN。日本ケアサプライは、前号ピックアップの際に圏外としましたが、2期ぶりに返り咲きです。

晴れて保有株となったMCJが卒業、それから業績が芳しくなかった兼松エレクトロニクスをOUT。

【IN】 エーアイティー、日本ケアサプライ

【OUT】MCJ、兼松エレクトロニクス

 

検証銘柄(本気度順)

・日本エス・エイチ・エル(5期連続)

・三協フロンテア(3期連続)

・アルプス技研(3期連続)

・エーアイティー(初)

・東京エレクトロン デバイス(4期連続)

・日本ケアサプライ(2期ぶり4回目)

・ケー・エフ・シー(4期連続)

・ライト工業(5期連続)

・プラネット(2期連続)

・マックス(5期連続)

※予想配当利回り3%以上の銘柄は赤字

 

上位の銘柄はなかなかクオリティの高い銘柄が揃ってきたように思います。

最後までご覧頂き有難うございました。

 

今回紹介した四季報プロ2021年夏号です

電子書籍版はこちら

  

 前号ピックアップ銘柄の検証記事です。

www.loveyuyu-dividend.com

 

www.loveyuyu-dividend.com