資産運用・副業の3年生が経済的自由を目指す

経済的自由を目指すアラフォーサラリーマンが、資産運用・副業に本気で取り組む中で日々考えたことを書いているブログです

【保有株】スクロール 22.3期1Q決算レビュー

はじめに

 

こんにちは。

今回は、保有株であるスクロール(8005)の決算内容を振り返りたいと思います。

通販・eコマース(EC)事業が主力の同社ですが、コロナ特需による追い風を受けた21.3期は最終利益7.3倍、配当は6倍と大躍進でした。一方、本決算と同時に開示した22.3期の業績見通しがかなり保守的で、その後売り込まれました。以下の過去記事に書いていますので、ご興味ありましたらご覧下さい。

www.loveyuyu-dividend.com

 

会社予想の業績をクリア(上振れ)するのは当然として、コロナ特需の反動減や上振れ幅がどの程度か読めませんでしたので、この1Q決算は非常に注目してました。

スクロールについて

 

東証一部上場で時価総額400億円と規模の小さな会社です。旧社名はムトウ、小売業に属しています。筆頭株主は総合商社の丸紅。

生協向けカタログ販売を行う通販事業、eコマース(EC)事業を主力としています。今後の成長ドライバーは、通販・EC事業者をワンストップでサポートするソリューション事業と位置付けています。その他、現在は赤字ですが健粧品、旅行事業なども行っています。

創業来のビジネスモデルは無店舗直接販売です。もともと(1950年代)は自社(静岡県浜松市)で製作した衣服を、出張員を介して全国で販売していました。これが同社の言う「ダイレクト・マーケティング」の始まりですね。それが、時代の変化とともに紙媒体でのカタログ販売、さらにECへと変化してきました。現在はダイレクト・マーケティング・コングロマリット(DMC)を志向しており、M&Aで中核事業とシナジーのある会社を傘下に加えるなど多角化を進めている途上です。

同社HPに掲載されている『Value Creation Book 2020』と題した資料で中期経営計画や事業戦略等が詳しく説明されていますので、ご興味ある方は以下URLからご覧下さい。

スクロールHP:スクロール scroll

 

決算内容

 

さて、気になる決算内容です。7/30に1Q決算が発表されています。なお、今期から会計処理の方法が異なっており、これに伴い売上・利益が従来の会計処理法と比較して低めに出ている様です。決算短信に会計処理方法の変更に伴う影響額が記載されていましたので、この数字を加減して前年対比の数字を独自に算出しました。

 

22.3期1Q業績(実績)売上+2.2%、営業利益+14.8%、最終利益+10.8%

EPS:57.63円、配当予想:20円

 

蓋を開けてみれば、コロナ特需があった昨年を上回っており好スタートと言って良さそうです。ただし、月次ごとに見ると4月は増収、5、6月は減収となっています。同社資料によると、コロナ特需が本格化したのが昨年5月以降とのことで、2Q以降もこの(減収)傾向は続くかもしれません。


通期見通しに修正はありませんでした。

ただし、最終利益の予想が28億円の所、1Q時点で20億円と進捗率は71%。仮にコロナ特需の剥落があったとしても、普通に行けば業績の上方修正は間違いないと見ています。そして、「配当性向40%を基本」の方針通り、増配も期待できるでしょう。

1Q決算発表を受けて8/2の株価は13%上昇しました。短期的には、株価は業績・配当の上方修正を織り込みにいくのでしょう。個人的には、より長期の目線でコロナ後の事業運営(コロナ特需剥落や競合参入による競争激化への対応)や業績見通しがどうなるのかに注目したいと考えています。

業績が読みにくく、値動きも大きいので買い増しのタイミングが難しいですが、買値は688円と、個人的に「高見の見物」を楽しめる銘柄でもあります。欲張り過ぎず、しばらくは静観のつもりです。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

関連記事です

www.loveyuyu-dividend.com

 

www.loveyuyu-dividend.com