資産運用・副業の3年生が経済的自由を目指す

経済的自由を目指すアラフォーサラリーマンが、資産運用・副業に本気で取り組む中で日々考えたことを書いているブログです

【保有株】システム情報 21.9期3Q決算レビュー

こんにちは。

決算シーズンも終わりましたね。

中小型株を中心に保有株の決算レビューを書いていますが、保有銘柄数が増えるにつれて記事数も多くなってきます。7月末から続いた決算レビューも今回を含めて残す所あと2記事。書いている身としては、ようやく終わりが見えてきた所です。いつもご覧頂いている方には、もう少しお付き合い頂ければ幸いです。

さて今回は、システム情報(3677)の決算レビューです。長期的に業績が伸びていますが、ここ1年ほど株価は下がり続けていますね。昨年4月以降、コロナ禍によって案件の凍結・遅延が発生するなど業績に影響を受けている様です。そろそろ上方修正・増配のアナウンスが欲しい3Q決算ですが、結果はどうだったでしょうか。

システム情報(3677)について

システム情報は独立系システムインテグレータ(SI)です。業務アプリケーションの設計・開発・維持、その他ITソリューション、コンサルティングなどを行っています。金融、流通・サービス、製造、通信、官公庁と顧客範囲は多岐にわたります。時価総額は213億円と規模の小さな会社ですが、11期連続増収・10期連続増益を見込んでおり、上場以降6期連続増配と素晴らしい実績を持つ銘柄です。さらに、当期利益の5年平均成長率は29.5%と成長性も高いです。自己資本比率67.7%と好財務、営業CF>>投資CFで現金が積み上がっていく事業構造も魅力です。

2020年4月にテレワーク・クラウド・サービスTelekumo(テレクモ)の提供を開始して以降、一時的に株価は大きく上昇しました。ただし、同年7月に高値を付けて以降、1年以上にわたって下落を続けています。7月時点は予想PERが30倍以上まで買われましたが、徐々に下落してコロナ禍前の水準(株価:1,000円割れ、PER:24~25倍)になったタイミングで保有を始めました。逆張りになりますが、コロナ禍で加速した働き方改革・DX関連で成長を続けている銘柄なので、長期的には報われると思っています。

決算内容 

 

21.9期3Q業績(実績)

売上−1.4%、営業利益+7.0%、最終利益+3.7%

 

減収増益です。

要因としては、

当第3四半期連結累計期間においては、大型案件の凍結、延伸の影響が残ったことや、対面での営業活動自粛を余儀なくされ、受注獲得にも影響が出たこと等から売上は伸び悩みました。しかし、利益面につきましては、好採算案件の受注に努めたことや、販管費の抑制等により、前年同期比プラスを確保しました。(システム情報「2021年9月期3Q決算短信」より)

としています。顧客企業のIT投資への消極的姿勢と言う外的要因による減収を経営努力でカバーしたと言うことですね。以下は今期2Qの決算説明資料ですが、コロナショックで落ち込んだ利益、利益率が徐々に回復してきていることが分かります。因みに、資料には記載されていませんが今期3Qは営業利益364百万円、利益率11.55%となっており、昨年同四半期と比べてやはり回復しています。事業環境が良化してきていることが伺えます。

f:id:loveyuyu:20210821010228p:plain

システム情報_2021年9月期2Q決算説明資料より

 

通期予想は以下の通り変更なし。

21.9期通期業績(予想)

売上+1.8%、営業利益+4.1%、最終利益+2.5%

EPS:44.50円、1株配当:16円
 

通期では小幅ながら増収増益、10期連続の過去最高益を達成する予想です。また、未定としていた配当予想を開示、昨年据え置きの16円としました。こちらは残念ながら、増配ストップと言う形になります。同社は配当方針を「配当性向35%」としています。現在の予想で着地したとして配当性向35.9%、4Qで通期業績の上方修正があれば・・・と言った所でしょうか。

決算後、株価は大きく下げています。外的要因があるとは言え、成長鈍化(前期、今期は成長率が低下)が嫌気された形でしょうか。加えて連続増配がストップすることも影響していると思います。とは言え、凍結・延伸のあった案件も再開してきている様ですし、DX関連は息の長いテーマとして考えていますので、短期的な上げ下げには動じず、じっくり買い増しの方針です。

 

以上、システム情報の決算レビューでした。

最後までご覧頂き有難うございました。

 

関連記事です。 

www.loveyuyu-dividend.com