資産運用・副業の3年生が経済的自由を目指す

経済的自由を目指すアラフォーサラリーマンが、資産運用・副業に本気で取り組む中で日々考えたことを書いているブログです

2021年8月の受取配当金

こんにちは。

今回は、2021年8月に受け取った配当金の記録です。

日本株、外国株ともに単年のKPIには受取配当金を設定しています。今年は日本株、外国株ともに昨年の配当額の2倍をKPIに設定しました。KPI達成には既に赤色に近い黄色信号が点灯していますが、引き続きコツコツと積み上げていきたいと思います。

日本株

2021年KPI:年間受取配当金20万円以上

受取配当金:5,400円(2021年累計:92,231円)

f:id:loveyuyu:20210903231338p:plain

8月は、数少ない5月決算銘柄であるTAKARA & COMPANY(7921)から配当金が入金されました。

8月を終わった時点で年間のKPIに対する進捗率は46.1%と、もはや達成は黄色信号ですが、慌てず騒がず航路を守ってコツコツですかね。年内では9月、12月にそこそこ(今年の3月、6月を上回るレベル)の配当金の受取を見込んでいますが、それでもやはり厳しいですね。

多くの日本株の配当金は半年に1回、権利日から3か月後の入金になります。即ち、2021年中に受け取れる配当金の権利が確定するのが、この9月。KPI達成のためには重要な月となります。とは言え、KPIを達成できなかったからと言って責任を問われる訳でも何でもないので、自分と自分の大切な人が幸せに暮らすため、長期的な目線で株式市場と向き合っていきたいと思います。チャンスがあれば多めに仕込みたい気持ちはありますが、少しずつ少しずつ配当金を積み上げていきたいと思います。

外国株 

2021年KPI:年間受取配当金190ドル(2万円)以上

受取配当金:11.42ドル(2021年累計:87.19ドル)

f:id:loveyuyu:20210903234737p:plain

8月はAT&T(T)P&G(PG)アップル(AAPL)アッヴィ(ABV)の4銘柄から合計11.42ドルを受け取りました。7月終了時点で昨年の受取配当金の合計額を超えており、着実にキャッシュマシーンたる株式資産が積み上がっていることが実感できます。今の感じで年間130ドルぐらいは見えているので、ここからどれだけ積み上げられるかですね。KPIに対する進捗率は45.8%と普通に考えたら厳しいですが、米国株は四半期毎に配当を出す銘柄が多く権利日の翌月に入金があるので日本株に比べると望みは残されていると思います。仕込み時があれば・・・と言う感じですが・・・

まあ、ぼちぼちいきたいと思います。

おわりに 

配当株投資は、元本が積み上がるまでは受取額も小さく豊かになっている実感が得にくい訳ですが、こうやって可視化することで、少しずつですが着実に積み上がっていることを実感できます。10年後、20年後に大きな果実を手に入れられる様、少しずつ進んでいきたいと思います。

 

最後までご覧頂き有難うございました。 

まだ始めて2年弱ですが、配当金の存在は魔法の様に感じます。

loveyuyu.hatenablog.com