資産運用・副業の3年生が経済的自由を目指す

経済的自由を目指すアラフォーサラリーマンが、資産運用・副業に本気で取り組む中で日々考えたことを書いているブログです

ビックカメラ、コジマから株主優待! 気になる優待内容を紹介!

f:id:loveyuyu:20211122231607j:image

2021年11月受領分_トータル5,000円の買物券(金券)

 

ビックカメラ、コジマの株主優待が届きました

こんにちは。

保有株のビックカメラ(3048)コジマ(7513)から株主優待を受領したので紹介したいと思います。

ビックカメラと同社傘下コジマの株主優待は、100株以上の保有でグループ各社で使える金券です。まず、割引券ではなく金券なのが良い所です。そして、グループ各社の店舗の他、インターネット通販サイトでも利用可能ですので、近くに店舗が無い方でも大丈夫ですね。我が家の近所にあるビックカメラ店舗では家電だけではなく食品、お酒、日用品、おもちゃなど品揃え豊富で、使い勝手も良いと感じています。有効期限は2022年5月31日までなので約6か月間です。有効期限はあるものの、家電を買うもよし、日用品を買って生活費を節約するもよし、子どもにおもちゃやゲームをプレゼントするもよし、ちょっと高級なお酒を買って夫婦で楽しむもよし、と何かと使途は有りそうです。

権利月ですが、ビックカメラは2月、8月の年2回、コジマは8月の年1回です。ビックカメラの方は年2回優待が貰えるのは良いですね。我が家の場合、株主優待は家族のプチ贅沢用にと考えているので、1回当たりの額面が少なくても年2回頂ける方が有り難かったりします。もちろん頂けるだけで十分有難いんですが、家族の満足度的には回数が多い方が良い気がしています。なお、家族名義での買い増しにより、今回はビックカメラ3名義(うち1名義は長期保有特典あり)、コジマ1名義でトータルの額面は5,000円。前回(半年前)は下の写真の通り1名義のみ(額面は2,000円))でしたが、買い増し&長期保有により随分まとまった金額になってきましたね。

f:id:loveyuyu:20210521200633j:image

2021年5月受領分_2,000円分の買物券

 

これまでは洗剤や電池、ゴミ袋と言った日用品を買って済ませていましたが、今年は株主優待券を使って電気ストーブを買うことにしました。何でも「朝の寒さが辛い」と嫁・子供が言うためです。朝の寒さの解消は生活の質(QOL)向上に直結しますので、これに株主優待が貢献するのであれば家族に株式投資の良さを実感してもらえる機会にもなるのではと期待しています。5,000円では足りないでしょうから、予算1.5万円(+1万円)までは考えています。株主ですので、同社を応援するつもりでお買い物したいと思います。

気になる優待内容は?

ビックカメラの株主優待

【2月権利】

100株以上:2,000円分

500株以上:3,000円分

1,000株以上:5,000円分

10,000株以上:25,000円分

 

【8月権利】

100株以上:1,000円分

500株以上:2,000円分

1,000株以上:5,000円分

10,000株以上:25,000円分

 

長期保有特典

1年以上継続保有で+1,000円分

2年以上継続保有で+2,000円分

2月、8月で条件が多少異なりますが、100株を長期保有するのが最もお得です。長期保有特典は8月権利のみになりますが最大2,000円アップするのでお得です。株価は1,000円前後なので100株なら最低投資額は10万円ほどとなり、2年以上の長期保有で年間5,000円の優待券が貰えます。因みに、ライバルで業界最大手のヤマダHD(9831)の優待は、もともと使いにくい割引券である上に、今年2月に改悪を発表しています。今後どうなるかは分かりませんが、今の所、優待対決ではビックカメラに軍配ですね。

気になる方は、以下URLからチェックしてみて下さい。

株主優待制度│株式会社ビックカメラ:株主・投資家情報サイト (biccamera.co.jp)

コジマの株主優待

【8月権利】

100株以上:1,000円分

500株以上:3,000円分

1,000株以上:5,000円分

3,000株以上:15,000円分

5,000株以上:20,000円分

 

長期保有特典

1年以上継続保有で+1,000円分

2年以上継続保有で+2,000円分

ビックカメラと異なり8月権利のみとなります。今年から長期保有特典が導入され、最大で2,000円アップする様になり、やはり100株を長期保有するのが最もお得となっています。ここの所、株価は下落しており560円前後となっています。100株なら最低投資額は5.6万円ほどとなり、2年以上の長期保有で年間3,000円の優待券が貰えます。単価が安い分、ビックカメラよりも投資しやすいですね。

 

値千金の株主通信!「隠れ優待」も見逃すな!

株主優待券と同封されている(逆か?)株主通信。こちらには「隠れ優待」とも言える下記2種類のクーポンが付いています(ビックカメラ、コジマどちらも)。

  • ビック系列での買物でポイント+3%
  • 買取サービス「ラクウル」の買取金額1,000円増額クーポン

ラクウルの増額クーポンですが、値段が付かなくても(買取金額0円でも)1,000円増額してくれるみたいですね。まさしく値千金(1,000円)の株主通信と言えそうです。ビックカメラの方は中間報告書にも付いていたので、年2回貰えると言うことでしょうか?

聴いていないCDなどの不要品が我が家に眠っていますので、一度試してみたいと思います。なお、「1人1取引まで」となっていますので、複数名義を持っていても使えるのは半年に1回と言うことになります。我が家は嫁と協力して2名義分を使ってみるつもりです。

 

以上、ビックカメラ、コジマの株主優待の紹介でした。

最後までご覧頂き有難うございました。

 

ビックカメラ、コジマの決算レビューです。

www.loveyuyu-dividend.com

 

ビックカメラは我が家の株主優待カレンダー採用銘柄です。 

www.loveyuyu-dividend.com