資産運用・副業の3年生が経済的自由を目指す

経済的自由を目指すアラフォーサラリーマンが、資産運用・副業に本気で取り組む中で日々考えたことを書いているブログです

【ふるさと納税】9,000円の寄付でお米10kg!山形県寒河江市の返礼品

f:id:loveyuyu:20220319224137j:image

こんにちは。

今年ふるさと納税で寄付をした山形県寒河江(さがえ)市から返礼品が届いたので紹介したいと思います。

9,000円の寄付でお米10㎏!

山形県寒河江市のふるさと納税返礼品が到着しました。なんと、9,000円の寄付でお米10kg(5㎏×2)となります。寄付額の3割基準で考えると2,700円相当になりますが、コスパは高いのではないでしょうか。因みに、お米は山形県で作られた「はえぬき」と言う品種。「はえぬき」については以下Wikipediaから引用します。

日本穀物検定協会が認定する食味ランキングにおいて山形内陸産はえぬきが14年連続、山形庄内産はえぬきが12年連続で特Aを認定されたことからもわかるように、味ではブランド米の魚沼産コシヒカリに全くひけをとらないが、山形県外での作付けがほとんどないため、味のわりに知名度が低く比較的安価で取引されている。冷めても味が落ちにくいことから、おにぎりや弁当用の炊飯米として向いているため弁当業者やコンビニエンスストアからの業務用米としての需要が高く、特にセブン-イレブンおにぎりの多くに使われているのが山形県産はえぬきであると言われている

 

寄付しておいてなんですが、「はえぬき」について知りませんでしたが、

  • 味では魚沼産コシヒカリに全くひけをとらない
  • 味のわりに知名度が低く比較的安価で取引されている

 

がポイントです。まだ食していないですが、美味しかったらリピートしたいです。

山形県寒河江市について

せっかくなので、山形県寒河江市についても紹介したいと思います。市名は「さがえ」と読みます。知りませんでした。山形県寒河江市は、山形県のほぼ中央にある市。県内随一のサクランボの産地としても知られる様です。行ったことないので何と言えませんが、寒河江やきとり、さくらんぼと言ったグルメ、山歩きが楽しそうです。こうやって、ふるさと納税を通して未だ訪れたことの無い地域を知ることができるのも良いですね。ふるさと納税を通して出会ったご縁ですから、寒河江市のことも応援していきたいと思います。

ご興味ある方は、以下URLを是非ご覧下さい!

寒河江市公式ホームページ:寒河江市公式サイト (city.sagae.yamagata.jp)

ふるさと納税について簡単に

自身が納めている税金(所得税、住民税)の一部を任意の地方自治体に寄付することができる制度で、寄付金額に応じた返戻品(寄付額の3割程度)を受け取ることができます。難しいこと抜きに、納税する自治体を別の所にする(±ゼロ)だけでお礼の品が貰える(プラス)、こんなイメージです。寄付金額の大小にかかわらず一律で2,000円を負担する必要がありますが、色々なふるさと納税サイトで行っているポイントバックのキャンペーンなど利用すれば負担はそこまで大きく無いと思います。我が家の場合は楽天ふるさと納税を利用しており、年に数回お買い物マラソンの時にまとめて寄付をするので、自己負担の2,000円はポイントで賄えています(余裕でプラスです)。返戻品は食品、日用品、旅行券、家具・家電、レジャー用品などなど選ぶことができます。ネットショッピング感覚ですね。

一点だけ、気を付けておきたいのが個々の納税額により一年間に寄付できる金額に上限がある(超えた分は自己負担での寄付として扱われる)と言うことです。同じ収入を得ているサラリーマンでも、家族構成や保険掛金、住宅ローン残債の額等により微妙に異なってきますので、限度額ギリギリまで寄付したい方は、事前にシュミレーションしておくことをお薦めします。各ふるさと納税サイトで限度額のシュミレーションが可能なので、ご利用して頂ければと思います。以下はふるさと納税サイト最大手の「ふるさとチョイス」のものです。源泉徴収票をご用意の上、ご利用頂ければシュミレーションが可能です。

控除上限額シミュレーション | ふるさと納税 [ふるさとチョイス]

 

まとめ 

以上、山形県寒河江市のふるさと納税返礼品の紹介でした。

9,000円の寄付でお米(山形県産「はえぬき」)10kgが貰えます。

最後までご覧頂き有難うございました。

 

 関連記事です。

www.loveyuyu-dividend.com

 

www.loveyuyu-dividend.com

 

www.loveyuyu-dividend.com