資産運用・副業の3年生が経済的自由を目指す

経済的自由を目指すアラフォーサラリーマンが、資産運用・副業に本気で取り組む中で日々考えたことを書いているブログです

【保有株】減益も・・10期連続増配へ!成長トレンドは継続するのか? MCJ 22.3期本決算レビュー

こんにちは。

なかなか更新できず、発表から随分時間が経って鮮度が落ちてきていますが、保有株であるMCJ(6670)の決算内容を振り返りたいと思います。

バリューグロース株と言うことで主力の一角として買い増しを進めている銘柄です。本決算および今期業績見通し、新中計の内容を見ていきたいと思います。

MCJについて

MCJは、BTO(Build to Order、受注生産)方式によりパソコンを製造・販売する総合IT企業です。「マウス」ブランドで有名。在庫ロスの削減、顧客ニーズへの細やかな対応と言った強みをハイスペックPCに代表されるニッチ市場で活かすことで成長しています。直近5年の最終利益のCAGR(年平均成長率)は13%とPER1ケタ台のバリュー株にしては高い業績成長が魅力です。今後もこの利益成長が続いたとして、72の法則(72÷複利運用利回り(%)=資産が2倍になるまでの期間(年))に当てはまれば、5.5年で最終利益が2倍になる計算です。また成長性だけでなくROE:16.9%、ROIC:19.0%と資本効率も優秀で、自己資本比率61.3%と財務面でも心配はないと思います(22.3期の実績)。

マイナーとも言える東証スタンダード市場上場の企業です。新市場区分への再編において「プライム市場」への昇格が期待されていましたが、「スタンダード市場」を選択し、一時株価は大きく下落しました。なお、今般発表された新中計では「プライム昇格」を目指すとしていますし、個人的には(業績成長が続く前提で)一時的な材料による短期的な下落はむしろ買い場と考えており、少しずつ買い増しを進めている所です。

では、決算を見ていきましょう。

22.3期 本決算内容

22.3期本決算

売上+9.6%、営業利益−14.7%、最終利益−7.2%

EPS:94.63円、1株配当:32円(配当性向33.9%)

 

増収も減益の着地となりました。

なお、会社業績を理解する前提として以下の業績押し下げ要因(外部要因)があったことが会社資料から読み取れます。

  • 軟調な市場環境(国内PC)
  • 原材料・部材等の不足
  • 会計基準変更によるマイナスインパクト(多くの銘柄に共通)

 

以上を踏まえて業績を深掘りしてみます。

売上は過去最高を更新。特に、コロナ特需の反動減、原材料不足と言った要因で業界全体が苦しむ中での増収ですから言うことありません。同社の特徴とも言えるゲーミング用途等のハイスペックPCも好調で、下半期は前期比増収とのことで、今期の巻き返し期待です。

営業利益は減益も、会計基準変更によるマイナスインパクトを除いた実質ベースでは過去2番目の水準。原材料・部材不足による原価高騰があったことを考慮すると、全体として本業は変わりなく順調で、数値程には悲観的に捉える必要も無さそうです。厳しい環境下にあっても人件費を中心とした戦略費用を増やしている点も好感を持っています。

なお、本決算発表の前、4/26に開示された「業績予想の修正に関するお知らせ」で、期初予想を売上高は上振れ、各利益は下振れることは既に発表されていました。そこでの記載がなかなか強気でしたので以下に引用します。

 

前略

しかしながら、上記利益面での期初業績予想比の減益は、調達やサプライチェーン混乱の影響や新会計基準適用の影響等、一時的な要因や外部要因に伴う事項が主因であると考えており、その環境下においても当社グループは継続して市場をアウトパフォームし、売上成長、すなわち市場シェアの拡大を遂げていることもあり、当社グループの根本的な成長性や将来の見通しの強さに変化があるものとは考えておりません

MCJ_2022年4月26日発表「業績予想の修正に関するお知らせ」より

 

最後の所が力強いですね。

これが理由で、各利益は期初予想を下振れたものの配当に関しては既に発表した32円/株(前期比1円の増配)を取り下げることなく実施されることとなりました。

23.3期 業績見通し

23.3期通期業績(予想)

売上+0.9%、営業利益+10.2%、最終利益+9.9%

EPS:103.99円、1株配当:33円(配当性向31.8%)

 

増収増益の予想。

調達環境・ウクライナ情勢等、事業環境は保守的に見ている様です。利益は一昨年前の数値を超えない見通しですが、「過去最高益の早期更新を目指す」としており、今後に期待したい所。配当は1円増配の33円、10期連続増配を目指します。

中期経営計画、今後の展望

新中計(~25.3期)で目を引いた事項は以下になります。

  • 22.3期対比で売上+13%、最終利益+40%目標、今後も市場環境によらない成長を継続
  • プライム市場に向けた上場準備
  • コロナ禍でストップしていたM&A等の成長投資の積極化

 

22.3期は事業環境が軟調な中、過去最高の売上を更新した様に、同社業績は市場をアウトパフォームしており、市場環境によらない成長を継続するとしています。これは良いですね。そして、今中計期間の前半はプライム市場上場に向けた準備に注力し、後半から成長投資を積極化してく様です。

プライム市場移行(期待)で株価は上昇するでしょうから、個人的には今のうちに買い集めたいと思っています。

まとめ

MCJの22.3期本決算まとめです。

  • 22.3期は増収も減益。減益ながら将来に対する会社見方は強気で増配を堅持
  • 23.3期は増収増益の見通し、10期連続増配へ
  • 今中計期間も市場環境によらない成長を継続
  • 中計期間前半はプライム市場に向けた上場準備に注力、後半はM&A等の成長投資を積極化

 

以上、MCJの本決算レビューでした。

最後までご覧頂き有難うございました。

 

関連記事です。

www.loveyuyu-dividend.com

 

www.loveyuyu-dividend.com

 

www.loveyuyu-dividend.com

 

www.loveyuyu-dividend.com

 

www.loveyuyu-dividend.com