資産運用・副業の3年生が経済的自由を目指す

経済的自由を目指すアラフォーサラリーマンが、資産運用・副業に本気で取り組む中で日々考えたことを書いているブログです

【保有株】お買い得? マルマエ 22.8期3Q決算レビュー

 

はじめに

保有株は自分の子どもみたいなもんで、たっぷり愛情を注いで見てやろうとの思いです。四半期毎に開示される決算発表は、いわば子どもの発表会。しっかりと見届けたい所ですね。今回はマルマエ(6264)の本決算レビューです。

実はマルマエは決算発表を見てから打診買いした銘柄で、今回の決算レビューを書く義理(注)ではありませんが、買い増しも視野に入れているため記録しておこうかと思います。

 

(注)自分の中では、保有中に決算発表を迎えたこと=いわゆる「決算またぎ」をした銘柄を決算レビュー記事執筆の対象としています。なお、長期保有なので「決算またぎ」はしてナンボだと思っています。

マルマエについて

マルマエ(6264)は、半導体・液晶製造装置の心臓部を支える製品を作っている会社です。主要顧客は自動車の懸架ばねで世界シェア1位の日本発条、半導体製造装置で世界シェア4位の東京エレクトロン(Wikipedia調べ)、いずれも世界に通用するグローバル企業。鹿児島県に本社・主要製造拠点を置きつつ、海外でも通用するメーカーに製品を供給している「ものづくりニッポン」、そして地方企業の鑑ですね。

 

時価総額300億円弱と決してメジャーでは無いマルマエを知ったきっかけは、いつも参考にしている、ろくすけさんのブログ。尾崎豊の「15の夜」をパロった感じのタイトルが(笑)ですが、非常に勉強になりました。社長さんの経歴や会社が辿った足跡も面白いですよね。エスプール、eBASE・・・僕が保有するグロース小型株はろくすけさん参考が多いです。マルマエもそうです。もちろん、自分で調べて投資判断しているので責任は全て自分にあります。参考記事は以下です。

【6264】マルマエ ~ バイク部品で走り出す 行き先も解らぬまま(1) | ろくすけの長期投資の旅 (6suke.com)

 

脱線しました。

実はこの会社、リーマンショック時に経営危機に陥っています。その後、事業再生ADR手続きをするに至っており、苦しい過去があります。事業再生ADR終結(15年)、東証2部(18年)、東証1部(19年)、直近は半導体市場の好調もあり二桁成長を続けておりV字回復と言った所。ですが、会社資料(直近の有価証券報告書、決算説明会資料、統合報告書)を読むと、その端々に当時の二の轍は踏まないと言う社長さん(注)の強い意気込みをビンビン感じることができます。どの資料も非常に詳しく作り込まれていましたし、当時の失敗を踏まえた現在の事業の考え方、ROIC>WACCを明示されている当たり、経営に真剣に向き合われているんだろうなと感じました。

実際に高いROICを実現しており、ここ1年ぐらい買いのチャンスを探っていましたが、今のPER約14倍は割安だろうと言うことで打診買いするに至りました。

(注)社長さんは創業者ですが、もともとは技術屋・バイクレーサー!

22.8期3Q決算レビュー

3Qなので、さらっと。

 

売上営業収益+68.6%、営業利益+124.4%、最終利益+124.5%

 

前年からは大幅な増収増益。事業環境が追い風であることが分かります。通期業績見通しに対する進捗率は74.8%。まあ悪くないのかなと。反面、株価は決算発表の翌日にガッツリ下げましたので、そこで打診害買いしてみました。

まとめ

マルマエの22.3期本決算まとめです。

  • 22.8期3Qは大幅な増収増益、成長路線継続を期待
  • 決算発表を受けて株価は大幅下落 ⇒打診買い

 

以上、最後までご覧頂き有難うございました。