弱小投資家が経済的自由を目指すブログ

経済的自由を目指すアラフォーサラリーマンが、資産運用・副業に本気で取り組む中で日々考えたことを書いているブログです

アッパーマス層に到達!

 

2024年6月末に金融資産の棚卸しをしました。結果、

 

アッパーマス層になってました!

 

と言うことで、現在の心境や今後どうするのかと言ったことについて書いてみたいと思います。

 

我が家では1年に2回、6月末と12月末に金融資産の棚卸しをしています。収入や貯蓄の一部を、株式等の時間の経過とともに価値が増大する確度が高いと思われる資産に置き換える積み上げ型の投資 (バイ&ホールド&見守り)を続けている訳ですが、定期的にその進捗を確認し効果を実感するためのアクティビティになります。直近おろそかになっていますが、過去にも棚卸しの状況や資産のマイルストーンについて記事にしています。

www.loveyuyu-dividend.com

 

www.loveyuyu-dividend.com

 

 

で、6月末に資産の棚卸をしたところ、金融資産が3,000万円を突破していました!

 

すなわち、アッパーマス層になりました(2回目)

 

運用資産額やその増減をカウントして一喜一憂しても意味ないことは分かってます。実際、3,000万円の所に目に見える線がある訳でもなく・・いつの間にか無意識的に超えていた感じです。また、いつか超えるだろうとも思っていました。ただ、自分の中で資産額は中期的、そして精神的なマイルストーンとして十分に機能してきました。金融教育を受けたことの無い普通のサラリーマンにとって、3,000万円の資産を作れたことは、決して適当やまぐれで到達できるものでは無かったと思っています。

 

資産運用を始めたのは2017年12月、勤め先の持株会の積立てからです。当時は毎月5万円、ボーナス月15万円(年2回)、積立額の10%の奨励金が上乗せされて年間99万円(+配当再投資)を投資していました。特に何も考えずに始めた持株会ですが、今振り返ってもよく始めたもんだと思います。この「はじめの第一歩」だけはまぐれです。何で始めようと思ったのか、未だに分かりません。

 

運用開始から4年後の2021年12月に運用資産額1,000万円、そこから2年1か月後の2024年1月に運用資産額2,000万円に到達、2024年6月末時点の運用資産額は2,400万円になります。最初の1,000万は4年、次の1,000万は2年1か月、その後5か月で400万円増えているので資産増加のペースが加速していますね。株価好調の恩恵はもちろんありますが、複利の効果も実感できる様になってきました。随分と楽になってきた感はあります。過去記事でも書きましたが、資産運用は複利の効果を実感できるまでが正念場だと思います。

 

さて今後についてですが・・・「特にやることは変わらない」のが実情です。先にも書いた通り、3000万円(=アッパーマス)に目に見える線はありませんので。実際、日々の生活に大きなインパクトを与えるには至ってません。将来に多少の余裕はできたかなとは思いますけど。目に見える目標としては、税引き後の受取配当金120万円/年(=10万円/月)としたいと思います。最近はグロース株への投資も積極的におこなっているので、PF全体の配当利回りは3%弱、簿価利回りでも3.5%程度です。配当金の目標を達成するためには資産額5,000万円(=準富裕層)あたりがターゲットになります。これだけの配当金があれば家賃なり住宅ローンなりの支出をカバーできそうですので(注:管理者は賃貸住まいで現状は会社補助があり半額負担ですが数年後には全額負担となる予定。その際に賃貸継続or持ち家取得を検討中)。今は配当金は全額再投資していますが、その水準になれば配当金は使っても良いのかなと思っています。

 

www.loveyuyu-dividend.com

 

www.loveyuyu-dividend.com