資産運用・副業の3年生が経済的自由を目指す

経済的自由を目指すアラフォーサラリーマンが、資産運用・副業に本気で取り組む中で日々考えたことを書いているブログです

TOKAI HDのLIBMO割引優待は未成年でも使えるのか?

こんにちは。

以下の記事でTOKAI HDの株主優待について紹介しました。中でも出色は同社が提供するLIBMO(リブモ)と言う格安SIMの割引で、100株保有(約10万円)で350円/月、300株保有(約30万円)で850円/月の割引が受けられると言うものでした。今回は、小学3年生の娘にLIBMOでスマホを持たせようと僕がふと思って調べてみたことについて書きたいと思います。

loveyuyu.hatenablog.com

未成年がスマホを契約できる?

 

小学3年生の娘にスマホを持たせるべく娘名義でTOKAI HDの株主となり、着々と準備を進めている訳ですが、1つ気がかりなことが・・・

それは、

未成年者は契約(法律行為)ができないので、契約は親権者名義(僕か嫁)で行う必要があること。その場合、娘の名義で取得したTOKAI HD株の株主優待が使えないのでは?と言うことです。

正確に言うと、民法5条の規定で「未成年者が法定代理人の同意を得ないでした行為は、取消すことができる」ので、通信事業者としても未成年者名義での契約を認めていない(ことが多い)訳です。因みに、平成30年の民法改正により成年年齢が20歳から18歳まで引き下げられました。LIBMOでも「未成年者での契約は受け付けておりません」となっています。

ここで、契約者の名義と株主の名義が異なる場合どうなるの?と言う疑問が出てきました。

TOKAI HD株主優待の注意書きを確認

同社の株主優待申し込みページでは以下の様に記載されています。

「本特典が適用されるLIBMO回線の契約名義は、株主様ご本人もしくは同一住所にお住まいのご家族の方(同一住所にお住まいでない場合には、一親等以内とし家族証明書(写し)の提出をお願いする場合がございます)に限ります。」

有難うございます。契約者が僕か嫁であっても、娘名義(未成年)で取得した株の優待の恩恵を受けられると言うことですね。

更にお得なデータシェアオプション

LIBMOでは、主契約に紐付けて最大3枚のSIMカードを発行することが可能です。子SIMカードの利用料はデータ通信120円、SMS140円、通話700円です。娘にも確認して、通話は不要とのことなので(友達とはLINEかSMSでやり取り可能)、データ通信+SMSの使用料260円/月で済みます。僕か嫁がLIBMOに加入する必要はありますが、現状保有している娘口座の100株だけで娘のデータ通信とSMSはタダになりますね。

 

最後までご覧頂き有難うございました。

 

TOKAI HD業績も割と好調な様です。 

loveyuyu.hatenablog.com

 

TOKAI HDを始めて知った時の記事です。 

loveyuyu.hatenablog.com