資産運用・副業の2年生が経済的自由を目指す

経済的自由を目指すアラフォーサラリーマンが、資産運用・副業に本気で取り組む中で日々考えたことを書いているブログです

2020年10月の売買記録、保有資産状況(国内)

こんにちは。

今回は2020年10月の売買記録とポートフォリオの記録になります。 

売買記録

〇新規投資

 TOKAIホールディングス(3167) 100株

 積水ハウス・リート投資法人(3309) 100株

〇買い増し

 なし

〇売り

 NTTドコモ(9437) 100株⇒0株

 

10月はやや上昇で始まったものの、11月3日の米国大統領選、コロナの再拡大あるいは各企業の決算発表を見据えてか、後半はやや荒れた相場となりました。10月30日には大きく下げ、僕自身のポートフォリオの含み損も拡大しました。

そんな中、NTTによるTOBが発表されたNTTドコモを月初に売却しました。携帯料金の値下げに並々ならぬ意気込みを見せていた菅官房長官(当時)総裁選出馬の報を受け、大きく下げた9月上旬に2,870円で購入、1か月足らずで手放すことになりました。売却価格は3,880円、NISA口座で100株保有していたので10万円程の利益、おまけに中間配当も頂けるというラッキーな結果になりました。買い増し含めて末永くお付き合いしたかった銘柄だけに複雑な部分もありますが、次の投資先に資金を振り向けていきたいと思います。

今月は、ガス、通信など生活インフラを主力事業とするTOKAIホールディングスおよび住居系REIT積水ハウス・リートに新規投資しました。TOKAIホールディングスは堅調な業績、今後の成長性と魅力的な総合利回り(配当+株主優待積水ハウス・リートは安定した分配利回りと決算月が4/10月であることから配当月を分散することが主な投資理由です。もちろん、今後の成長にも期待しています。

保有資産状況(20年9月末)

持株会と投資信託は除いて、保有資産は対前月-240,120円の2,595,170円、評価損益は前月から4.8ポイント悪化して-11.66%となりました。TOBを控えたNTTドコモの含み益が売却によって解消されたこと、10月下旬の市場の急落が主要因になります。10月下旬の下落が一時的な調整か、あるいは終わりの始まりか。現段階では分かりませんが、手元のキャッシュを確保しつつ少しずつ株式市場に資金を投じていく所存です。

f:id:loveyuyu:20201030232621p:plain

多くても1銘柄の保有比率10%以内と考えていますが、投資元本が少ないため今は気にしていません。まずは資産額1000万円を目指して突っ走るつもりです。

f:id:loveyuyu:20201030233108p:plain

 

最後までご覧頂き有難うございました。

 

ドコモ株を買った時の記事です。過去最大のTOBを体験できたこと、良い思い出になりそうです。

loveyuyu.hatenablog.com

 

投資から1か月足らずで衝撃のニュースでした。通信業界は今後どうなるのでしょうか。

loveyuyu.hatenablog.com

 

積水ハウス・リートへの投資により毎月配当金が得られる見込みになりました。 

loveyuyu.hatenablog.com