資産運用・副業の3年生が経済的自由を目指す

経済的自由を目指すアラフォーサラリーマンが、資産運用・副業に本気で取り組む中で日々考えたことを書いているブログです

ふるさと納税で節約!静岡県富士市から大量のトイレットペーパー

こんにちは。

まずは以下の写真をご覧下さい。

f:id:loveyuyu:20210227220626j:image

一部開封してしまっていますが、2021年初めてのふるさと納税をした静岡県富士市からの返礼品で、最高級トイレットペーパーが大量(12ロール×8パックで96個)に届きました

今年からは節約のため、ティッシュやトイレットペーパーなどの日用品をふるさと納税を利用して調達しようと思っています。

昨年までは、贅沢食材を中心に選んでいましたが、食材って大量に届いても消費仕切れない場合があり、我が家でも何度か失敗した経験があります。特に失敗が多かったのが果物です。確かにおいしいのですが、短期間で消費しないといけないため、量が多すぎて4人家族の手に負えないことがしばしばありました。途中で子どもが飽きてしまって、夫婦2人で頑張って食べ切ったこともありました。通常の買い物と違い、注文時点で発送時期が分からない自治体もあり、その辺りも計算しにくいです。

反面、日用品であれば期限も関係なく置いておけるので失敗が無くて良いですね。 

 

実は、ふるさと納税で日用品を選ぶことには嫁からの反対もあり・・・

あくまで贅沢食材に使いたいと言うのが嫁の主張。そして、2021年の家計を決める際に話し合い、何とかティッシュとトイレットペーパーのみ認めてもらいました。そのうち洗剤とかもふるさと納税で調達する様にして、より節約体質にしたいと考えています。まあ、今年は株主優待(カタログギフト)が増える見込みなので、そちらで満足してもらえれば良いかなと思っています。

 

ふるさと納税は節約(生活費の削減)に、

株主優待はプチ贅沢に、

そして程よい満足感を得つつ生活費を抑制して、

投資に回せるお金を増やし、

長期投資による複利効果で資産額と配当収入を増やし、

幸せを感じられること(贅沢もその1つ)に沢山のお金を使う

 

こんな感じですかね。

ふるさと納税って、初めて知った時は「棚からぼた餅」的な感覚でしたが、本来払うはずだった税金の納税先を変えているだけで結局は支出ですよね。そう考えると、生活費の削減のために利用するのも良いのかなと思います。まあ、贅沢食材で家族が喜ぶならばそれも善しですが。程ほどにと言った所でしょうか。

 

最後までご覧頂き有難うございました。

 

昨年の家計(実績)と今年の予算について書いた記事です。 

www.loveyuyu-dividend.com