資産運用・副業の2年生が経済的自由を目指す

経済的自由を目指すアラフォーサラリーマンが、資産運用・副業に本気で取り組む中で日々考えたことを書いているブログです

10万円以下で買える高配当株

こんにちは。

今回は、10万円で買える高配当株を紹介致します。

銘柄スクリーニングの参考にでもして頂ければと思います。

コロナショックでどこも業績は厳しいと思いますが、この様な状況を乗り越えていけるであろう、財務優良銘柄を選びました。

 

岡部(5959)

 

株価:731円

配当(予想):28円(配当利回り:3.83%)

配当方針:安定的な配当を継続することを基本

建築資材や土木製品等の建設関連製品の売上が80%と主力。ここ数年は業績、配当ともに概ね横ばい。配当性向は40%程度なので配当維持は可能と考えます。自己資本比率65.3%、好財務の堅実経営でのんびり保有したいと思う会社です。個人的には耐震・免震関連のビジネスの伸びを期待しています。6月、12月の株主は500円相当のクオカード優待がもらえるので、総合利回りで考えると5%以上になります。

 

丹青社(9743)

 

株価:656円

配当(予想):44円(配当利回り:6.71%)

配当方針:連結配当性向50%以上

空間ディスプレーの企画、設計。同社方針の通り、現状の配当性向は50%程度です。すなわち、業績低下によって配当金は下振れする可能性があります。自己資本比率61.6%、利益剰余金>>有利子負債と好財務。コロナの影響によるオリンピック延期や景気減退でここ1~2年の業績は厳しそうですが、コロナ問題が解消されれば上向いてくると考えます。株価は年初から半値近くに落ちていますし、長期保有を前提に買いたい所です。1月決算なので、配当月を分散するのには良いです。

 

ラサ商事(3023)

 

株価:830円

配当(予想):38円(配当利回り:4.58%)

配当方針:安定配当を行うことを基本方針、30%前後の配当性向を維持

鉱物、金属素材や特殊ポンプの専門商社でジルコンでは首位。好みのニッチな分野でNo1企業です。自己資本比率52.4%、好財務、連続増配中ですが、現状の配当性向は30%程度であり、業績向上無くして更なる増配は難しいかも知れません。「安定配当」と言う同社方針から考えると、業績が余程落ち込まなければ配当維持は可能と見ていますが、どうでしょうか。3月の株主は500円相当(1年以上継続保有で1000円)のクオカード優待がもらえるので、総合利回りで考えると5%以上になります。

 

 

和井田製作所(6158)

 

株価:998円

配当(予想):50円(配当利回り:5.01%)

配当方針:明記なし

工作機械メーカーで切削工具用と金型用の特殊研削版で国内首位。好みのニッチな分野でNo1企業です。同社の方針としても「グローバルニッチトップ企業をめざします」とあります。17年⇒18年⇒19年の2年間でEPSが7.5倍に伸びており、20年は減益予想ながら業績は上昇トレンド、配当性向は30%以下と増配余力もあります。自己資本比率76.6%、有利子負債少なく好財務。

 

以上、ご参考になりましたら幸いです。

最後までご覧頂き有難うございました。