資産運用・副業の2年生が経済的自由を目指す

経済的自由を目指すアラフォーサラリーマンが、資産運用・副業に本気で取り組む中で日々考えたことを書いているブログです

【保有株】内外トランスライン(9384)上方修正!

こんにちは。

保有株である内外トランスライン(9384)が2021年12月期の1Q決算を発表しましたので紹介したいと思います。事業環境がかなり追い風になっており上方修正です。発表のあった2021年4月30日だけで10%近くの株価上昇となっており、ホルダーとしては嬉しい限りです。

内外トランスラインってどんな会社?

 

主力事業として海上貨物輸送を行っている会社です。1つのコンテナに複数の顧客の貨物を載せて運ぶ「混載」のパイオニアであり、海外輸出混載でトップの会社です。時価総額144億円と規模の小さい会社ですが、物流関係は今後伸びていくだろうとの期待から保有している銘柄です。

安定黒字で財務鉄壁(自己資本比率72%、有利子負債ゼロ、営業CF>>投資CF)、上場来非減配と派手さはないものの抜群の安定感が魅力です。事業内容等の詳細は以下URLから同社HPをご覧下さい。

NAIGAI TRANS LINES - 内外トランスライン株式会社 (ntl-naigai.co.jp)

 

また、内外トランスラインは12月末権利で株主優待も実施しています。100株保有で1500円、200株保有で2500円、4000株保有で5000円相当のカタログギフトが貰えます。興味のある方は、過去記事でも紹介していますのでご覧下さい。

www.loveyuyu-dividend.com

 

決算内容

 

さて、2021年12月期1Qの決算内容を見ていきます。

1Q(実績):売上+33.3%、営業利益+120.2%、四半期純利益+140.2%

2Q(予想):売上+30.1%、営業利益+112.0%、当期純利益+114.1%

通期(予想):売上+21.6%、営業利益+63.7%、当期純利益+97.5%

 

1Q実績を見ると、非常に好調だった様です。21年12月期に関しては、通期にわたって好調を維持して最終利益が対前年のほぼ倍となる見込みで2Q、通期ともに今年2月に開示した予想から上方修正となりました。前年はコロナ影響で業績がやや落ち込んでいましたが、まさしくV字回復です。コロナ感染の拡大で人の流れは止まっても、物の流れは止まらないですからね。いや、コロナ禍によって加速されたEコマースの普及、そして巣籠もり需要が同社業績には更なる追い風となっているでしょう。

現状の業績や事業環境を同社はどの様に捉えているのでしょうか。決算短信を見てみます。 

昨年秋以降、コンテナ不足と運賃高騰が継続している中、アメリカが新たに追加経済政策を打ち出し、消費拡大を喚起したこともあってコンテナ不足は解消せず、運賃が下方硬直的な状態となっております。

   (中略) 

海上コンテナのひっ迫については、2021年末までには相応の落着きを取り戻す可能性はあるものの足下の好業績はここ数か月は継続すると見込まれる・・・・

内外トランスライン「2021年12月期 第1四半期決算短信」より

 

もちろん同社の実力、頑張りによる部分は大いにあると思いますが、あくまでも外部環境の追い風が一時的に寄与した形と捉えることができそうです。配当予想については、前回開示の年間36円/株(中間:18円、期末:18円)で修正なし。予想通りの着地となった場合、EPSは172.7円、配当性向は21%ですので増配は十分に期待できるのではないかと思っています。とは言え、上場来非減配の会社ですから、一過性の要因で増配した後に減配することは避けたい所でしょう。外部環境による実力以上の業績押し上げを経営陣がどの様に評価するのか、今後のアナウンスに注視したいと思います。