資産運用・副業の3年生が経済的自由を目指す

経済的自由を目指すアラフォーサラリーマンが、資産運用・副業に本気で取り組む中で日々考えたことを書いているブログです

バフェットの名言

f:id:loveyuyu:20211222232511j:image

子どもとのオセロ、ボコボコにするけど全取りは難しい

 

はじめに

こんにちは。

誰もが知る「投資の神様」ウォーレン・バフェット。

 

資産額も運用成績も彼に遠く及びませんが、投資方針として「バイ&ホールド」を、銘柄選定には「ワイドモート」であったり「永続的優位性」と言うキーワードを、頭の中でグルグル考えながら株式投資を行なっています。脱線しながらも、我流で「バフェットみたいな投資」を目指して試行錯誤しております。

 

そんなバフェットは、言葉のセンスも優れていて数々の名言でも知られており、投資や生活のヒントになります。また、マーケットに気持ちが振り回されている時、バフェットの名言を思い出すことで我に帰れたりすることがあります。

 

そこで今回は、バフェットの名言の中から個人的に気に入っているものを紹介したいと思います。バフェット銘柄を知るのも良いですが、具体的な銘柄よりも「投資の神様」の考え方を学ぶきっかけとなればと思います。

 

銘柄選定に関して

価格とは自分が支払うもの、価値とは自分が手に入れるもの

これはバフェット名言の中でも最も刺さった言葉です。

価格と価値の違いを意識していないと、どうしても価格の方に目が行き勝ちです。

スーパーなどで値引きされている商品をついつい買い物カゴに入れてしまうことってありませんか?後になって、それが本当に必要(=自分にとって価値がある)かどうか考え直した時に、必ずしも必要では無いなって気付くことがあります。価格しか見ておらず、価値に目が行ってないんですよね。株式投資でも同じです。その銘柄は価値のある投資対象なのか?と言う問いは常日頃からしておくべきだと思います。

 

まずまずの企業を素晴らしい価格で買うより、素晴らしい企業をまずまずの価格で買う方がはるかに良い

素晴らしい(=価値のある)企業をまずまずの価格(株価)で買えればそれで善し、ですね。タイミングを図って少しでも安く買ったつもりでも、10年後には誤差範囲になっている可能性が高いです。特に価値が向上する銘柄に関しては、よりその傾向が強いのではないかと。

 

10年、20年経っても欲しいと思うものを作っているかどうか、これが私の投資判断の基準です。

永続的優位性と言うやつですね。個人的に現在は盤石と思っているビザやアップルですが、10年後はどうなってるんでしょうか?ディズニーは大丈夫ですかね?

変化の激しい時代なだけに、10年先を見通すのは、自分にとっては不可能と感じます。でも、「見えない」ものを「見ようとする」思考は株式投資において重要と思っています。決して思考停止になってはいけないかと。

 

株券では無くビジネスを買うという投資姿勢が重要

これも大変共感します。ビジネスを買うと言う視点に立つと、短期的な株価の上下よりも企業が生み出す利益に目が行きやすくなります。良いビジネスに投資している確信があるのなら、株価下落時のグリップ力にも繋がります。銘柄選定はその様に行いたいといつも思います。

 

投資スタンスに関して

喜んで10年間株を持ち続ける気持ちが無いのなら、たった10分間でも株を持とうなどと考えるべきですらない

バイ&ホールド。なかなか実践できてないですが・・・

どうしても株価に右往左往してしまう自分が居ます。まだまだヒヨッ子ですからね。でも、この名言が無ければもっと短期的な売買に走っていたことでしょう。

 

「辛抱強さ」や「冷静さ」は知能指数よりも重要かも知れない

この名言は売買する時に常に意識しています。(ネオモバは別にして)売り買いを決める前、PC(スマホ)の画面から一旦目を離し、お茶を飲み、トイレに行き、その上で判断する様にしています。少額でちょこちょこ買いもそうです。最低でも数万円の資金を投入する訳ですからね。基本的に売らないからこそ買う時も慎重に。そして規律を守る。個人的に「投資の利益は我慢料」と思っています。

 

株式市場は見逃し三振が無い

この名言も買い注文を出す際に頭をよぎります。結果、買い注文を出さず、その後株価が上昇して「あーー」と言うことがありました。でも逆に、更に株価が下がって救われたことも。株式投資は「勝つことよりも負けないこと」。 ルール上は何球でも待てる訳ですから、絶好球が来るまで待てば良いんですよね。

 

独力で考えなければ、投資では成功しない

これも大変共感します。

業績・財務から見る過去、そこから描く未来。

定量的な数値、定性的な成長戦略・ビジネスモデル。

要するに、ロジックとアート。

投資は試行錯誤を重ねながら上達していくもの。

バフェット銘柄を真似することは可能です。でも、そんなことよりもバフェットの考え方をヒントに自分なりに考えていくことが、成功の近道ではないかと思っています。

 

最後までご覧頂きありがとうございました。