資産運用・副業の3年生が経済的自由を目指す

経済的自由を目指すアラフォーサラリーマンが、資産運用・副業に本気で取り組む中で日々考えたことを書いているブログです

【保有株】なんで??株価下落が止まらず配当利回り5%に! アルテリア・ネットワークス 22.3期本決算レビュー

 

はじめに

今回は、アルテリア・ネットワークス(4423)の本決算レビューです。

中小型株を中心に保有株の決算レビューを書いていますが、保有銘柄数が増えるにつれて記事数も多くなってきます。引き続き、お付き合い頂けますと幸いです。

アルテリア・ネットワークスについて

アルテリア・ネットワークス(4423)は、丸紅傘下の情報通信サービスを提供する会社です。前身となる会社から数えると20年超にわたって事業を行い、3大メガキャリア以外で唯一、全国規模の自社光ファイバー網を持っています。主要ビジネスは、解約率の低い法人向けサービスおよびトップシェアを誇るマンション全戸一括型サービスです。収益の大半がストック収入であり、安定した収益が魅力です。2018年の上場以降、増収増益を続けており、配当は2019年から開始で連続増配中です。一方で株価は下落を続けており、配当利回り5%と高い水準となっています。

決算概要

さて22.3期本決算の概要です。同社説明資料を以下に引用します。

アルテリア・ネットワークス「2022年3月期 通期決算説明会」より

 

売上+3.9%、営業利益+7.6%、最終利益+9.0%

EPS:120.89円、配当:60.45円(配当性向50.0%)

 

増収増益。

クラウド利用の拡大、テレワークの普及など追風で事業環境は良好。業績も順調に推移している様です。営業利益率17%と収益性も優秀です。ただし、非注力事業の見直しに伴う一時的な事業譲渡益(12億円の増益影響)があり、各利益は下駄を履いた状態なのが気になる所ではありますが、主要サービス売上高が伸びているのは何よりです。

配当は前回予想から2.45円増額の60.45円、昨年からは5.08円の増配(増配率+9.17%)となりました。ここは期初公表の配当予想を下限、業績上振れ分は配当性向50%まで増配するのが通例。今回も配当性向50%となる様、きっちり小数点第二位まで出してくれました。3期連続の増配です。

 

1年間、お疲れ様でした。

23.3期業績見通し

続いて今期の業績見通しです。

アルテリア・ネットワークス「2022年3月期 通期決算説明会」より

売上+4.7%、営業利益+1.1%、最終利益+0.4%

EPS:121.04円、配当:60.52円(配当性向50.0%)

 

わずかですが増収増益予想です。

前述の非注力事業の見直しに伴う一時的な事業譲渡益は見込まず。やや保守的な気もしますが、主要サービス売上高はきっちり伸びる予想です。配当予想は0.07円増配の60.52円。きっちり配当性向50%で刻んできましたが、これが下限と明言しています。従って連続増配は確定です。加えて業績上振れ分は配当性向50%まで増配するのが通例ですので、期中の増配発表に期待したい所。

まとめ

アルテリア・ネットワークスの決算まとめです。

  • 22.3期は増収増益で過去最高益、主要サービスがしっかり伸びる
  • 23.3期見通しは増収増益、連続増配をコミット(配当下限設定)
  • 期初見通しを上振れた分は配当性向50%まで増配するのが通例、期中での増配期待

 

以上、最後までご覧頂き有難うございました。

www.loveyuyu-dividend.com