資産運用・副業の2年生が経済的自由を目指す

経済的自由を目指すアラフォーサラリーマンが、資産運用・副業に本気で取り組む中で日々考えたことを書いているブログです

【保有株】2/8月決算レビュー

こんにちは。

今回は2/8月決算の保有株の決算レビューになります。

ビックカメラ(3048)

 

21年8月期の中間決算が開示されました。

2Q 売上:-3.5%、当期純利益:+17.0%

通期 売上:+2.1%、当期純利益:+87.1%

コロナ前までとはいきませんが、業績は持ち直してきています。通期では更に巻き返す予想になっています。ビックカメラ単体ではコロナ影響で実店舗の売上が減少。インターネット通販が好調も実店舗のマイナスを補うには至らず。一方で、傘下で郊外への出店が中心のコジマが伸びているとのこと。配当予想は15円(中間5円、期末10円)で変更なし。対前期2円増ですが、コロナ前の水準(20円)まで戻るのはもう少し時間が掛かりそうですね。外出自粛、インバウンドの激減とコロナ禍の直撃を受けただけに、回復の兆しが見えてきたことはホルダーとして一安心と言った所です。ホールド継続です。

 

東京個別指導学院(4745)

 

21年2月期の本決算が開示されました。

本決算 売上:-10.0%、当期純利益:-87.6%

通期 売上:+15.6%、当期純利益:+502.3%

対前年で売上2桁減、当期純利益も大幅減と苦しい本決算となりました。とは言え、当初予想ではギリギリ黒字を確保できるレベルでしたが、大幅な上振れ着地となり一安心です。

22年2月期は、コロナ前までとはいかないものの大幅に業績回復する見込みです。オンライン講義などコロナ対策も進んでいる様です。気になる配当は据置きの26円(中間、期末とも13円)。今期(22年2月期)の配当予想も26円としました。ただし、業績が大幅に回復するものの配当性向は99.8%と通常であればあり得ないレベルの株主還元になります。これも自己資本比率70%超で有利子負債ゼロの鉄壁財務がなせる業だと思います。ホルダーとしては会社の心意気に敬意を表するとともに、業績回復から成長軌道への回帰を願うばかりです。

 

以上、2/8月決算の保有株の決算レビューでした。

最後までご覧頂き有難うございました。