資産運用・副業の3年生が経済的自由を目指す

経済的自由を目指すアラフォーサラリーマンが、資産運用・副業に本気で取り組む中で日々考えたことを書いているブログです

投資にも通じるものアリ 「百聞は一見に如かず」には続きがある! 

「百聞は一見に如かず」には続きがある!

 

こんにちは。

有名なことわざに「百聞は一見に如かず」がありますが、実は続きがあるのはご存じでしょうか。これが中々に奥深いものでして、紹介してみたいと思います。

そしてこの言葉、株式投資にも通じるものがあると考えています。一応、経済的自由を目指すブログですので、無理やりな部分は多々ありますが、最後は株式投資に当てはめて考えてみたいと思います。

「百聞は一見に如かず」の続き

 

実は、ことわざの「百聞は一見に如かず」には以下の様に続きがあります。

 

百聞は一見に如かず

百見は一考に如かず

百考は一行に如かず

百行は一果に如かず

百果は一幸に如かず

百幸は一皇に如かず

 

意味は以下の様になるでしょうか。

 

百回聞くことは、一回見ることに及ばない

百回見ることは、一回考えることに及ばない

百回考えることは、一回の行動に及ばない

百回の行動は、一回の成果に及ばない

百回の成果よりも、一回の幸福を得た方が良い

自分だけが幸福になるのではなく、みんなの幸福を考えよう

 

最後の2行はやや意訳していますが奥深いなと思います。

聞く(知る)ことから一つ一つ高めていくことで、みんなの幸福を考える所まで飛躍するんですね。実に壮大です。

 

投資にも通じるものあり!

 

この言葉、株式投資の世界にも通じるものがあるんじゃないかと思っています。以下、配当株投資を実践する僕の目線から、「百聞は一見に如かず」を株式投資に当てはめてみたいと思います。無理やり感は多々ありますが、どうぞご覧下さい。

百聞は一見に如かず

「老後2000万円」とか「貯蓄から投資へ」って最近よく聞くと思います。まずは自分で資産運用や株式投資について調べて(見て)みませんか?

百見は一考に如かず

資産運用や株式投資について調べたら、自分事として考えてみませんか?年齢、資産額、家族構成・・・人それぞれですが、多くの人にとって、将来豊かな暮らしを送るために株式投資が必要と言えるのではないでしょうか。リスクはあります。自分が取れるリスクはどのぐらいなのかも考えましょう。大切なのは、自分で考え、考え抜くことです。一番もったいないのは、リスクを取ることを嫌がって思考停止になることです。

百考は一行に如かず

自分がどれぐらいのリスクを取ることができるのか考え抜き、その上で資産形成のために株式投資が必要だと判断したのなら、あとは行動あるのみ。実際に投資をしてみませんか?

多くの人にとって、ここは最もハードルが高そうですが、NISA・つみたてNISAの非課税制度、そして投資信託、ポイント投資、端株投資など少額で投資できるサービスなどが充実しており、門戸は開かれています。この様な制度、サービスを利用して、少額から始めれば良いのです。必要なのは、少しばかりの種銭と勇気です。

百行は一果に如かず

せっかく勇気を出して投資をした訳ですから成果が欲しいですよね。

短期・長期ある中で、投資の成果をどの様に評価するのか難しい所ですが、成果と言えるのは、やはりキャピタルゲイン(譲渡益)またはインカムゲイン(配当金)と言った確定利益でしょうか。この2つの中で、配当金は再現性が比較的高く、株式を保有しているだけでチャリンチャリンと入金されます。まずは成果を見える化できる点において配当金は素晴らしいと思っています。もちろん、成果の捉え方は人それぞれです。僕の現時点はココ、配当金という成果を得られるようになった所です。

百果は一幸に如かず

ここから先は未踏の地です。

例えば、10万円で買った株が年間で4,000円(税引後)の配当(成果)を出したとします。配当利回り4%なので高配当の部類ですね。得られた4,000円でファミレスに行って家族で食事をする、欲しかったモノを買うなど使い道があります。これで幸せを感じられますか?幸せを感じられるのであれば問題ありませんが、年1回4000円だと幸せと言うには少ないですよね。僕ならそう感じます。だから投資元本を積み上げて、満足いく配当収入が得られる様に資産形成を続けています。まだまだ道半ば。そこまでは長い道のりですが、株主優待はプチ贅沢感があって、ちょっとハッピーな気分になります。とりあえずの一幸を得るには株主優待もおすすめです。もちろん、幸福の捉え方も人それぞれです。

百幸は一皇に如かず

自分1人で幸福になっても面白くないですよね。家族含めて自分に関わる人たちを幸福にすることを考えたいですよね。経済的自由を達成することで、労働から解放され時間を手に入れることができます。家族と多くの時間を過ごす、ボランティアをするなど、周囲を幸福にすることに多くの時間が使える様になります。

 

このブログをご覧頂いている皆様、経済的自由を目指している皆様が、1人でも多く目標を達成され、幸福を手に入れ、それぞれが周囲の人を幸福にすることに多くの時間を使える様になれば、よりハッピーな世の中になることでしょう。

そうやって幸福の輪を広げたいですね。

一緒に幸福になりましょう!

 

最後までご覧頂きありがとうございました。