資産運用・副業の3年生が経済的自由を目指す

経済的自由を目指すアラフォーサラリーマンが、資産運用・副業に本気で取り組む中で日々考えたことを書いているブログです

Snowball ~配当株投資でものを言うのは投資元本~

f:id:loveyuyu:20220217225331p:plain

配当株投資でものを言うのは投資元本

こんにちは。

僕は高配当株/増配株をメインに株式投資を行っていますが、投資元本の大きさは特に投資初心者にとっては非常に重要なファクターと考えています。

 

配当利回り3%以上あれば高配当と言われます。実際には4%以上ある銘柄もありますが、配当利回り(配当性向)が高すぎると逆に減配リスクが意識されます。実際に減配してしまいましたが、国内屈指の高配当銘柄である日本たばこ産業(JT)は配当利回り7%台の時がありました。

 

仮に、PFの税引き後の配当利回り3%としましょう。

投資元本(資産額)が100万円であれば年間で受け取れる配当金は3万円になります。ちょっと少ない、というか生活へのインパクトが小さいでしょうか。配当金を再投資しようにも、3万円で一単元を買える株は少ないですね。

投資元本1000万円の場合は年間で30万円の配当金になります。僕の場合、諸々(税金、保険料、家賃、持株会の掛金など)控除された後の月例給与の振込額が30万円ぐらいなので、給与1ヶ月分ぐらいの額になります。こうなってくると、それなりにインパクトがありそうです。株を持っているだけで、1ヶ月分の給料相当額が何もしなくても振り込まれる訳ですから。

投資元本1億円になると、年間で300万円の配当金です。もっとも、1億円を築いている頃には増配等によりYOC(簿価利回り)は3%を軽く超えていると思いますが、配当金だけで健康で文化的な最低限度の生活を送ることができる水準ではないでしょうか。全額を再投資すれば、更に資産形成は加速していきます。

 

要するに、認識しておくべきは配当株投資でものを言うのは投資元本だと言うことです。

Snowball まずは複利の効果を実感できるまでが正念場 

配当株投資において、初心者は複利の効果を実感できるレベルの資産を積み上げるまでが正念場だと思います。強調しておきたいのは、配当株投資は最初が最も大変と言うことです。非常に大変ではありますが、このフェーズまではできるだけ早く到達したい所です。

 

かく言う僕は、節約してキャッシュ・フローをコントロールしつつ、昨年末にようやく

運用資産額1,000万円に達した所です。

 

始めた頃は、不要な保険の解約や遊休資産の活用によって投資元本を積み上げてきました。1年経てば少なからず配当金が入ってきますので、これが投資資金の足しになります。投資元本を積み上げていくことで、2年目より3年目、3年目より4年目と少しずつ受取配当金が増え、楽になっていくことでしょう。これが複利の効果です。

 

資産運用はSnowball(雪だるま)に例えられます。

最初の雪玉を作り、ある程度大きくするまでまでが一番大変なんです。

まずはSnowball(投資元本)を複利の効果が実感できる程度まで成長させましょう。

絶対額は人によりけりですが、1000万円ぐらいが目安でしょうか。

ここまではストレッチゾーンです。

でも、ここを通過すれば、あなたの資産運用は少しずつ楽になるものと思います。

最後までご覧頂き有難うございました。

 

関連記事です。

www.loveyuyu-dividend.com