資産運用・副業の3年生が経済的自由を目指す

経済的自由を目指すアラフォーサラリーマンが、資産運用・副業に本気で取り組む中で日々考えたことを書いているブログです

【保有株】グリーンクロス 22.04期1Q決算レビュー

こんにちは。

今回は、保有株であるグリーンクロス(7533)の決算内容を振り返りたいと思います。

グリーンクロスは数少ない4月決算の優良銘柄であり、9月13日に22.04期1Qの決算発表がありました。福岡証券取引所(福証)単独上場と地味な銘柄ではあるものの、好財務でじわじわと業績を伸ばしてきており、直近の株価は軟調ですが長期では報われる可能性が高いと思い投資しています。

f:id:loveyuyu:20210913201951p:plain

グリーンクロス月足チャート_SBI証券より

グリーンクロスについて

交通安全機材の販売・レンタルを行う会社です。福岡証券取引所(福証)上場銘柄で地味な印象を受けますが、リーマンショックの09年以降12期連続の増収増益を達成しています。最終利益の直近3年の平均成長率は6.2%、6.1%(同5年)、14.0%(同10年)と安定成長と言えます。

ROEは直近やや下がってきているものの10%以上をキープしており稼ぐ力もまずまず、自己資本比率は50%以上で安定推移しており財務も固いです。配当性向は30%以下で推移していましたが、今後は配当性向30%以上を目標に引き上げていく方針で、まだまだ増配余地はありそうです。PER9.2倍、PBR1.0倍と割安です。今の所、とりあえず100株の打診買いですが、現状の配当性向から考えて増配余地はまだありそうなので、少しずつ買い増ししていきたい銘柄です。 

決算内容

9/13に1Q決算が発表されています。

22年4月期1Q(実績)

売上+9.8%、営業利益+4.0%、最終利益+30.8%

 

増収増益と問題ない出だしですね。

事業環境については「激甚化・頻発化する自然災害への対応により公共事業投資が堅調に推移」、「民間事業投資についても持ち直しの動き」があったことから、緩やかな回復基調にある様です。

 

続いて、通期の業績予想です。

22年4月期業績(予想)

売上+5.7%、営業利益+2.1%、最終利益+2.4%

EPS:105.86円、1株配当:28円

 

業績予想の修正は無し。最終利益の進捗率は17.2%と出遅れている様に見えますが、ここは毎年1Qの利益が最も低いと言う、業績(特に利益)に季節性がある銘柄です。決算短信や有価証券報告書に説明はありませんが、過去の推移を見ると一目瞭然です。大きな問題は無いと判断しています。引き続き、大きく下落する様なら買い増しのスタンスです。

f:id:loveyuyu:20210913210901p:plain

グリーンクロス四半期業績推移_マネックス証券より

 

以上、グリーンクロスの本決算レビューでした。

最後までご覧頂き有難うございました。

 

関連記事です。

www.loveyuyu-dividend.com