資産運用・副業の2年生が経済的自由を目指す

経済的自由を目指すアラフォーサラリーマンが、資産運用・副業に本気で取り組む中で日々考えたことを書いているブログです

資産運用を始めて健康に対する意識が変わった

こんにちは。

最近、半年に1回の恒例にしている歯科検診に行ってきました。歯ぐきをチクチク触られたりするのは慣れませんが、歯科医さん、歯科衛生士さんともに美人(マスクしてますが僕にはそう見えます)なのですべて委ねてます。かなり不純ですが、歯科検診に行く1つのモチベーションではありますね。

 

子どもの頃や若い頃、虫歯って大したこと無いなって思ってた時期がありましたが、歯は失ってしまうと元には戻りません。永久歯は抜いてしまうと生えてくることはありません。ここは不可逆(元に戻らない)なんです。大切にしないといけませんね。

1989年に始まった、80歳で20本以上の歯を残そうと言う『8020運動』。当初10%に満たなかった達成者が、2016年時点で50%までに増えたそうです。そして、2022年に向けて、達成者を60%にする新たな目標が掲げられています。

要するに、2016年時点で達成できていない人が40~50%以上居てたことになります。因みに、親知らずを除いて永久歯は28本ですから、8本以上を失っている計算になります。そして、55歳~64歳の残存歯数は平均で23.2本だそうです。

あまり詳しくありませんが、歯マニアの義母の話なんかを聞いていると、入れ歯は保険適用で1万円~、自費の場合は10万円~らしいです。インプラントに至っては、1本当たり30~50万円とか!仮に64歳で残存歯数が23本として、失った5本の歯をすべてインプラントにしようとすると、ざっくり150万円~250万円。結構な金額ですね。

 

資産運用を始めてまだ日が浅いですが、やればやるほど健康>時間>お金との意識が大きくなっていきます。

投資で失ったお金は、給与から補填したり、地合いが良ければ株価が上昇することで取り戻すことができます。良い時もあれば悪い時もある訳で、長期目線で見れば、市場に居続けることで恩恵を受ける時もあるだろうなと思います。

失った時間は巻き戻すことができません。例えば、無駄な会議や飲み会に出席して垂れ流した時間は取り戻せません。ただ、それに気付き以後の行動を変えることで、劇的に時間の使い方が上手くなります。無駄な会議や飲み会に出席しない、長く使っていないモノを捨てる(売る)、時短家電を使う、家事代行サービスやタクシーを利用するなど。時間は巻き戻せませんが、無駄な時間を削減したり、お金で時間を買うことは工夫次第で可能です。不可逆ではあるものの、仮に失ったとしても次に繋げることが可能です。

健康については、風邪や擦り傷程度であれば自然治癒力で治りますが、一度害してしまうと二度と戻らない不可逆な病気もあります。歯はその一例です。幾らお金を払っても、失った歯を取り戻すことはできません。幾らお金を払っても取り戻せないんですよね。

 

複利の効果は時間を掛けることで増大していきますから、健康で資産運用の期間を長く取れれば、それだけ有利に立てますね。

繰り返しになりますが、健康>時間>お金との意識が強くなっています。そして、健康を保つ一丁目一番地は脚力と歯だと思います。加えて生活習慣も重要です。僕は健康に生まれ、アラフォーとなる今まで大きな病気をせずに過ごしてくることができました。それだけで大変幸せなことだと思います。

若くて健康な方にとっては、健康って自然と与えられているものと思えるかも知れません。僕もそうでした。

ただ、アラフォーともなってくるとそうではありません。より一層、健康維持・増進に努めていきたいなと思います。複利の効果は時間を掛けることで増大していきますから、健康で資産運用の期間を長く取れれば、それだけ有利に立てますね。

皆様も、どうぞご自愛頂ければと思います。

 

最後までご覧頂き有難うございました。

 

以下、関連記事です。 健康、時間、お金は人生観に直結すると思っています。

www.loveyuyu-dividend.com

 

www.loveyuyu-dividend.com

 

www.loveyuyu-dividend.com